『つぎは、私たちの力で叶えたい...』

―――――(2013/5/17 「新しく見つけた“夢”」のつづきの話)―――――

【2011年末】

 ボランティアで、あるお店の屋内の解体作業を手伝いました。

【2012年7月】

 別のボランティアで、同じお店をお伺いしました。

 以下は、その時の話です。

 

 

 解体作業をしてから約半年、久しぶりにお伺いしてみると、お店が普通に営業している様子だったので、嬉しさと共に驚きもありました。

 お店に入って見ると、奥からお母さんが来られました。

「あら!...確か、以前にボランティアで来て下さいましたよね?」

 お母さんは私のことを覚えていて下さったので、すぐに会話が弾みました。

「...いや〜、おかげさまでね、この通り、お店を再開することができたんです。

 本当にありがとうございます。」

 

 お父さんにも挨拶したのですが、私は驚きました。お父さんが、以前にお会いした時よりも、かなりやせていたのです。

「お父さんはね、あの時(震災直後)が太っちゃってたのよ。ほら、お店がダメになって仕事できなくなっちゃったでしょ。更に鬱にもなっちゃったから、いつもよりも全然動かなくなってね。でも、食事の量は変わらなかったから、その分、太っちゃってたのね。 でも、今はお店も再開したから、お父さんも(震災)以前みたいに、よく動くようになったの。まるで生き返ったみたいに。だから、体つきも元に戻ったのね。」

 私を更に驚かせたのは、お父さんの表情でした。以前は暗い表情が多かったのですが、この時はずっと明るい表情だったのです。その表情や雰囲気から、お店の再会を喜んでおられるお父さんの心境が、ひしひしと伝わって来ました。

 

 

 お店の話題になりました。

「震災前と比べると、商品の数は少ないのよ。それに、客足も減ってるわ...。

 でも、お店を開いてること、営業してること自体が、お父さんにとって幸せなの。そんなお父さんを見てると、私も嬉しくなっちゃって...。

 

 でもね、実はこの場所、新しい都市計画の中で取り壊しになる可能性がある敷地なのよ。もし、この場所が取り壊しになったら、再びお店を出すだけの資金は無い。だから、実際はいつまでお店を継続できるか分からないけど、可能な限りは、ここでお店を続けたいの...。」

 

 

 最後に、夢の話題になりました。

「...そうね、“夢” って言葉を使うなら、あの時の夢は 『お店の再開』 だったけど、 今の夢は、 『この場所でお店を続けること!』 と 『お父さんの笑顔が続くこと!』 かしら。

 べつに、夢っていう夢じゃないわね〜。

 ...ただ...

 前回は、ボランティアさんの力を借りて叶えることができたわ。

 だから今回は、私たちの力で叶えたいの...

 

 この話を聞いた時、心から感動しました。

 『街の復興』 と 『心の復興』は、一見別々のように考えてしまいやすいです。

 でも、この二つは、実は“繋がっているもの” だと感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です