愛の力は無限大 家庭連合 平和奉仕 ボランティア隊

第1次 (9月13日~14日)活動報告

  • 教会NEWS RSS

台風18号による大雨で被害にあった茨城県常総市と栃木県鹿沼市で、災害ボランティア活動ならびに現地調査を行いました。

【概要】

期間 9月13日~14日
作業日数 1日間
参加人数 2人
作業箇所 2箇所

 

【現地の様子】

被災した地域では信号機が止まり、運転手が各自の判断で交差点を通っていました。

また、被災した地域の田んぼは一面が泥で埋まっていて、その中には自転車やガードレールの破片、道路のコンクリートがはがれたものなどが散乱していました。

 鬼怒川被害状況① 鬼怒川被害状況②

 

【ボランティア活動の内容】

活動内容は、泥出しや流れ着いたがれきの撤去でした。

活動した地域では、近くの小さな堤防が決壊して田畑に泥や草木、ハウス栽培用のビニールハウスが流れ着いていました。それらを回収して、種類別に分ける作業をしました。

 台風18号被害支援① 台風18号被害支援②

 

【現地の人の声】

現地の方たちからは様々な話をお伺いしました。

「この地域に長年(50年以上)住んでるけど、こんなことは初めてだったよ。」

「稲を収穫する直前のタイミングだったから、一番嫌な時にやられちゃったね。」

「ライフラインが止まってるから、生活が大変だね。やっと電気が通ったよ。」

ページトップへ