愛の力は無限大 家庭連合 平和奉仕 ボランティア隊

第123次(3月10日~13日)活動報告

  • 教会NEWS RSS

【概要】

期間 3月10日~13日
参加人数 16人
作業日数 2日間
作業箇所 3箇所
作業時間 12時間

 

 

【スケジュール】

日付 活動場所 活動内容
3月10日(木) 東京 ⇒ 石巻市 オリエンテーション、移動
3月11日(金) 大街道地区 床のタイル掃除
3月12日(土) 大街道地区、南三陸町 漁業支援、掃除
3月13日(日) 石巻市 ⇒ 東京 移動、反省会

 

 

【震災から5年】

東日本大震災から5年が経ちました。11日には、被災各地で追悼式や慰霊式が行われていました。UPeaceのメンバーたちは、昼間にボランティア活動を行い、夕方に石巻市内の沿岸部へ行ってお祈りしました。

「がんばろう石巻」の看板の場所へ行きました。大きな献花台や多くのロウソクがともされていて、全国各地から多くの人たちが集い、メディアも来て中継していました。

 

《がんばろう!石巻の看板がある場所の様子》

〇昼間の様子

IMG_2790 IMG_2766

〇夜の様子

IMG_2780 IMG_2781

 

【参加者の声】

○「がんばろう石巻」の看板の場所を見て、この地の人たちは必死で前を向いてきたのだと感じ、街の復興と共に、人々の心の復興を願ってやみませんでした。また、現地の人の話を聞きながら、学ぶことが多くありました。(29歳、女性)

 

○現地の人たちから震災当時の話を聞いたり、被災した地域を直接見てみる中で、5年も経過したとは思えないほど、津波の傷跡が残されているのを感じました。また、この場所に来たいと思いましたし、支援をしたいと思いました。(21歳、女性)

 

〇ボランティアの期間を通して、人とのつながりの大切さを感じました。同時に、大切であるにも関わらず、それが不足していると感じました。震災を通して深まった絆があっても、失われた絆もあったのだということを肌で感じました。(21歳、男性)

ページトップへ