愛の力は無限大 家庭連合 平和奉仕 ボランティア隊

第125,126次(4/30~5/5)活動報告

  • 教会NEWS RSS

【概要】

第125陣 第126陣
期間 4月30日~5月2日 5月2日~5日
参加人数 14人 13人
作業日数 2日間 2日間
作業箇所 2箇所 2箇所
作業時間 12時間 10時間

 

 

【活動内容】

第125陣 第126陣
活動場所 活動内容 活動場所 活動内容
活動初日 東京都⇒石巻市 説明会、移動 石巻市 説明会
2日目 南三陸町 農業支援 南三陸町 漁業支援
3日目 石巻市大街道 整理、片付け 石巻市築山 掃除、片付け
4日目 石巻市⇒仙台市 反省会、解散 石巻市⇒東京都 反省会、解散

IMG_0027

IMG_0031 IMG_0137

 

【参加者の声】

○ 一番感じたのは、実際に現地に行くのと行かないのとでは、感じる心境に天地の差があるということです。2011年3月11日の当日、もし、自分が被災した地域にいたとしたら、一体何ができるのだろうか?いろいろと考えさせられました。そして今自分は、この日本の地で生かされているのだと思い、何気ない日常に感謝して生活していこうと思いました。(22歳、男性)

 

○ 私の実家がある香港では、地震はほとんど起きません。それもあってか、UPeaceに参加する前まで、東日本大震災は私にとって他人事でした。ボランティア活動を通して、他人事ではいけないと思いました。国籍や言葉、文化の壁を超えて、多くの人たちで復興に向けて頑張ることが大切だと思いました。被災地を視察した時に見た『がんばろう!石巻』の看板が印象的でした。被災地を見ながら多くの悲しみを感じると共に、前を向いて進む強さも感じました。この経験は、地元香港にいる知人・友人にも伝えていきたいと思います。(37歳、男性)

 

○ 南三陸町で農業支援をした時です。農家のお母さんが、自分も被災して大変なのに、自分以上に大変な人のことを心配している姿を見ながら、少しでも力になって助けたいと思いました。震災から5年が経つことでがれきは無くなりましたが、そこに住む人たちの心の傷は癒えていないのだと学びました。続けることに意味があると思うので、今後もUPeaceを通して様々なボランティア活動に参加しようと思います。(18歳、女性)

ページトップへ