愛の力は無限大 家庭連合 平和奉仕 ボランティア隊

 
 
 
 

第75次派遣支援ボランティアの活動報告(10月1日~5日)

  • 教会NEWS RSS

【概要】

期間

10月1日~5日

参加人数

54人

作業日数

3日間

作業箇所

4箇所

作業時間

16時間

 

【スケジュール】

日付

場所

活動内容

10月1日(火)

茨城県→宮城県

集合、移動、説明会、準備

10月2日(水)

石巻市 鮎川浜

工場内の片付け、公園の整備

10月3日(木)

石巻市 蛇田、鮎川浜

庭作り、公園の整備

10月4日(金)

本吉郡 南三陸町

農業支援

10月5日(土)

宮城県→茨城県

片付け、移動、反省会、解散

 

 

【現地の様子や今回の活動の紹介】

10月に入り、少し肌寒さを感じるようになりました。作業中はまだ半袖ですが、朝方や夕方になると長袖が欲しくなる気候でした。

捕鯨工場では、クジラのあごの骨を運び出し、高圧洗浄機で洗いました。クジラの骨はとても大きくて重く、男性が10人以上集まって、やっと骨一本を持つことができました。

地元の漁師さんから魚の差し入れをいただくこともあり、現地の方の愛情深さに触れる機会になりました。

○作業の様子

IMG_2151 IMG_4904 IMG_5001

○頂いた物

IMG_5011 IMG_2095

 

【メンバーの声】

○現地のボランティアリーダーの姿が印象的でした。

私は“他人の為に生きる”ことをやる時に、意識して努力しなければなかなかできません。しかしその方は、“他人の為に生きる” ということが、御自身にとっての生活の一部、ありふれた日常生活になっていたからです。

そんな姿を見ながら、私自身も “もっと頑張りたい” と思い、力をいただいた気がしました。 (18歳、女性)

 

○今回感じたことは、“人の為に生きようとする時、人生を再出発できる” ということです。

ボランティア活動に取り組む中で、現地の方の話を聞いたり、初めての経験が多かったり、他のチームの方と一緒に活動したり...。

そんな中で、“この人の為に何かしたい” と本当に思えた時は、自分のことを考えるよりも先に相手のことを考えるし、体が自然と相手のために行動するのだと思いました。  (18歳、女性)

ページトップへ