愛の力は無限大 統一教会 平和奉仕 ボランティア隊

 
 
 
 

相手の立場に立ち、接していくこと

  • 教会NEWS RSS

 きょうは二軒のお宅で活動しました。

 

 一件目は前田さんという一軒家のお宅でしたが、ヘドロの取りだし作業でした。ヘドロは乾いていましたが、黙々とヘドロを取り除きました。他のグループと共同だったので作業は早く終わりました。

 

 他のグループのかたがたは栃木から来られていて、実際自分の地元の近くのかたがただったので一気に親近感をもちました。神様が出会わせてくださった出会いだと感じました。

 

 依頼主の前田さんは、年内には家に戻りたいと言われていて、作業後の部屋を見て「きれいにしてくれてありがとう」と言ってくださり、安心されているようでした。ニーズに応えることはもちろんですが、相手の立場に立ち、接していくことの大切さも学びました。 


 二軒目は海の近くで、とにかくヘドロの取りだしでしたが、ヘドロのすごさに驚きました。ヘドロは固まり、周りにはハエがたくさんいました。ヘドロには家にあったと思われるものやガラスなども混じっていて津波の恐ろしさを感じました。

 

 また、帰りに被害が酷かった南浜町に寄りました。正直言葉がでませんでした。ほとんど家は跡形もなく、戦争の跡の光景を見ているようでした。テレビや新聞では見ていましたが、実際見てみないと分からないし、現実をしっかり受け止め、今の自分には何ができるかなと考えさせられました。

 

 まだ暑さとの闘いは続きそうですが、明日も頑張りたいと思います!


薄井梢(武蔵野教会所属)

ページトップへ