愛の力は無限大 家庭連合 平和奉仕 ボランティア隊

 
 
 
 

信仰者が手を取り合えば

  • 教会NEWS RSS

 今日は、石巻市に来て初めて晴れ、気持ちの良い一日でした。

 

 活動場所を紹介してくれた方についていくと、他に2チーム(全員で15人)で一緒にやることになりました。

 

 全体で自己紹介すると、1チームはカトリック教会、もう1チームはルーテル学院のプロテスタントの方達でした。私たちも統一教会だと言うと、紹介してくれた方も驚いて、「みなさんキリスト教さんですか! 何かの縁か… 意味がありますね!」と言っていました。私もその瞬間、神様が導いてくれたように感じました。 

 

 活動場所は被災者の自宅にある畑の復旧でした。その畑は、津波の影響で瓦礫や海水で使えなくなっていました。最初はぎこちなく始まったところはありましたが、各チームのリーダー達が話し合い、作戦を立てる中で、ペースが上がってきました。

 

 信仰は違っても、スコップと袋でペアになったり、みんなで声を掛け合って活動して、その場がとても感動的でした。被災地では、宗教者が同じ目的を持って歩むことができる、神様が与えて下さった機会なんだと実感しました。

 

 帰りはピースボートのバスに乗ってみんな一緒に帰りました。その中でもざっくばらんにお互いの宗教について質問したり、笑いながら話せました。

 

 「こんなに宗派の違う信仰者が乗っているバスはないでしょうね(笑)」とプロテスタントの方が言っていましたが、本当に神様が喜んでいると思いました。

 

 信仰者が手を取り合えば、もっと世の中が良くなるだろうな、と感じさせられた一日でした。 

 

Y.K(武蔵野教会所属)

ページトップへ