愛の力は無限大 家庭連合 平和奉仕 ボランティア隊

 
 
 
 

統一教会の皆様、ありがとう

  • 教会NEWS RSS

 市内のあちこちに点在する瓦礫の集積所。場所にせよ、奉仕のやり方にせよ、この作業に意味があるのだろうか? この期間に、幾度か考えたことだった。

 でも、そんなことは人生においていくらでも存在する。意味がないことを挙げれば、切りがないんだ、そんなことを考えたりしたけれど、作業は一生懸命やった。

 

 今日もまた、意味を見出すのはやめようと思った。でも、やっぱり何か意味を見出したかった。それで、交流することにした。隣で作業していた女の子に話しかけてみた。

 

 彼女は、私と同い年で、地元の子だった。幸いにも、家族は全員無事だったそうだ。「うちはほとんど被災してないから。本当は地元の大人たちがしなくちゃいけないのに、遠くからボランティアの方が来てくれてやってもらって、申し訳ないと思って」。

 

 作業が終わると、彼女は「ちょっと待ってて!」と言って、何かを持って来た。それはなんと、手作りの絵葉書だった。

 

 

 「統一教会の皆様、ボランティアありがとう」と書いた、美しいひまわりが描かれたその絵葉書は、彼女が予め準備していたものだった。

 

 「ボランティアの方に、感謝したくて、その思いを伝えたくて、今日は一緒に作業しました。私たちはみんな、皆さんに感謝しているんです。作業している所を通り掛って、挨拶しか出来ないけれど、本当に感謝しているんです」。

 

 

 その言葉に、私は意味を見出した。

 

齋藤桃子(孝成教会所属)

ページトップへ