愛の力は無限大 家庭連合 平和奉仕 ボランティア隊

 
 
 
 

千年に一度と言われる震災を乗り越えた太鼓やお神輿

  • 教会NEWS RSS

 今日は昨日に引き続き川口町の熱田神社で、境内の掃除やお神輿などの拭き掃除などをしました。

 

 今回は私たちのメンバーと町会のお父さんお母さんがたとの作業で、作業中や休憩中に震災当日の話などを聞きました。

 

 「津波から逃げるのは時間との闘いだった」「雪も降って本当に寒かった」など色々お話して下さいました。

 

 当時経験したそれらのことは皆さんの心やまた身体にまで深く刻まれているだろうに、時折笑い混じりに話したりしていて、人の強さと共に「前に進むしか道はない」という状況なんだなと感じました。

 

 お母さんは話の途中に「本当にありがとう、本当に助かりました」と何度も繰り返し言って下さいました。自分としては“これぐらいしかできなくて申し訳ない”という気持ちでいたのですが、とても慰められました。

 

 出てきた太鼓を叩いたり、倒れて砂まみれになっていたお神輿がきれいになっていくと、お父さんお母さんの表情がより明るくなったように見えて、こちらも本当に嬉しかったです。

 

 休憩中、手作りの蒸しパンなどたくさん頂いた上、「泊まる所も近かったらウチでご飯でも食べて行けばいいのに」などと私たちを無条件に受け入れて下さって、本当に嬉しく“離れたくない!”と思いました。

 

 太鼓の拭き掃除をさせてもらいながら、“千年に一度と言われる震災を乗り越えたこの太鼓やお神輿は、これまで以上に尊く語り継がれるものになるだろうな”と思いました。そんな機会を与えて下さり、素敵なお父さんお母さんに出会わせてくださった神様に心から感謝です。

 

平河かおり(荒川教会所属)

ページトップへ