愛の力は無限大 統一教会 平和奉仕 ボランティア隊

 
 
 
 

行動しなければ何にもならない

  • 教会NEWS RSS

 ボランティアは、為に生きる実践、授受作用、知情意でいう「意」かなとかいろいろ考えました。み言や原理を知ってたくさんのことを感じたりしたとしても、行動しなければ何にもならないと思います。その行動や行動の結果を見て人は、動かされるのだと知りました。ボランティアに伺ったかたの価値観を変えたり、絶望を希望に変えたり…。

 

 「世界平和はみんな願っていることだけど無理なことだよ」多くの人はそう言います。諦めています。今回の震災でたくさんのかたが亡くなり、たくさんの物が壊れ、たくさんの悲しみがここ被災地にはありました。この有様を見て絶望した人がたくさんいたと思います。もうダメだと。でも、どこにでも神様はいます。きっときょうのお母さんのために私たちはここに来たし、私たちのためにお母さんはそこにいたのだと思います。出会う全ての人には必ず意味があって、意味のない出会いはないと感じます。

 

 こうして私たちがここに来て歩んだのは、理由は様々ですが、兄弟やキャプテンが言っていたように主体性なんだと思いました。その主体性に神様が働いて、多くの内容をキャプテンや兄弟姉妹、宮城で出会った人たちを通して伝えてくれたのだと思います。だから、東京に帰っても主体性を持って、まずは内部伝道や外部伝道、氏族メシヤとして歩みたいと思います。そして、後に続く青年が相続することができる、御父母様のようなモデル、希望を与えることができるような者になっていきたいです。そのためにもこれからまた無限疾走で頑張っていきたいです!

 活動準備をする佐藤さん

佐藤和子(杉並教会所属)

ページトップへ