愛の力は無限大 家庭連合 平和奉仕 ボランティア隊

 
 
 
 

東日本大震災被災地(宮城県)支援レポート

  • 教会NEWS RSS

東日本大震災直後の2011年3月23日に第1陣を現地に派遣して以来、2021年3月までの10年間で182回のチーム派遣を行い、現在も活動を継続しています。

発災直後は、どの地域でも泥出しやがれきの撤去、家財の搬出などの片付けがほとんどでした。しかし、時間の経過と共にがれきが片付いてくると、地域ごとに住民さんからのニーズが変わるようになったため、それに伴いボランティアの活動内容も変化していきました。

例えば、子供が多い地域では、公園の整備や子供向けのイベントの手伝いなどをすることが多いです。また、農業や漁業が盛んな地域では、農業支援や漁業支援をすることが多いです。更に、商店街を中心に活気があった地域では、町興しのイベントの手伝いをすることが多いです。

被災地の復旧・復興は少しずつ進んでいますが、その進度は地域によって差があり、抱えている課題も地域によって異なります。UPeaceでは、被災地のニーズに耳を傾けながら、今後も支援を継続していきますので、ぜひ、みなさまのご理解とご協力をお願いいたします。

※今までの活動実績は「活動実績」をご覧ください。

ページトップへ