3.11は過去のことなのか?

 1月の中旬に、引っ越し作業を手伝いました。当初は丸一日かかるだろうと思っていた作業が、大人数で作業したので半日で終わりました。

 

 「早く済んで良かった〜」と依頼者さん。

 

 早めに終わったので、ちょっと休憩してから帰ることになり、依頼者さんのお二人が震災当時のことを話して下さいました。

 

「いや〜、あの時はびっくりしたわよ〜。」

「すぐに逃げたから大丈夫だったんだけどね。でもまさか、あんなことが起こるなんて思わなかったわね〜。」

「私たちはまだ良かった方よ。皆無事だったからね〜…。」

 

 震災当時の話を何回か聞いたことがある私にとって、この時の話題は、さほど珍しいものではありませんでした。ですが、私はこの依頼者さん2人の会話を通して、とても驚いたのです。

 

 なぜなら、話をされる依頼者さんの表情や動作、雰囲気、語る姿に触れた時、震災を体験していない私が、今から5分前に震災が起きたように感じたからです。依頼者さんの姿を通して、津波が来た時の迫力、緊迫さ、臨場感、取った行動までもが、鮮明に伝わって来たのです。まるで、怖くて迫力のある映画を見終わったその瞬間にも近い感覚を覚えました。

 

 そこで気付いたことがあります。

 

 被災者にとって3.11は、“10ヶ月前”に起きたことではなく、“5分前”に起きたことだったのです。

 3.11の被害を直接受けなかった私にとっては、時間が経てばたつ程、3.11が“過去”の出来事になっていました。しかし被災者にとっては、3.11からどんなに時間が経っても、3.11は“今”の出来事のままでした。

 

 被災者にとって3.11は、今でも現在進行形です。

 私は、そのことを忘れてはいけないなと感じました。