支えられた者として!今の私がやりたいこと…

 

お母さん 『家の近くから三原山を見ると、所々山が削れていて驚いたのよ...』

 

 

伊豆大島でボランティア活動をした時に、現地のお母さんから話を聞きました。

――――【 以下、お母さんの話 】――――

 あの日、10/15〜16にかけての深夜、私の寝室は土砂が来て、家の壁が壊れ、室内は土砂で一杯になっちゃったの。だから、本当だったら私は今、ここじゃなくてあの世にいるはずの人なのよ。じゃあ、なぜ私があの世じゃなくてここにいるのかって思うでしょ?

 あの日、なぜか知らないけど、急に 『歯医者に行ってみようかしら〜』 と思ったの。でも、別に歯は痛くなかったのよ。それなのに、何とな〜く行ってみようと思って、土砂災害直前の10/15の昼、久しぶりに船で島外に出たの。

 そして、土砂災害直後の10/16の昼に大島に帰って来たの、だから助かったのよ。

 今からしてみれば、なぜあんな行動をとったのか、自分でも不思議なのよ。きっと、ご先祖様や神様が助けてくださったんでしょうね。

 ご先祖様や神様から 『お前は、若いころにイタズラばかりしてきたから、もっと世のため・人のために尽くして、罪滅ぼしをしてから、あの世に行かなきゃね!』 って思われたから、私は生き残ったんでしょうね(笑)

 

 

 

 

(伊豆大島に)帰って来た時は、最初驚いたわ。自宅も町中も土砂がすごくて...(中略)...そんな状態だったから、隣町のかたや島外のかたが来てこの光景を見ると、私たちをすごく気遣ってくださるんですよ。確かに大変だったこともあるけど、振り返ってみれば “嫌だったこと” だけじゃなくて “良かったこと” もあったの。そういう話をすると、取材で来たかたから「え?良かったことって何ですか?」って聞かれるんだけど、一番良かったことは “いろんな人から支えられたこと” なんです。 

 私は最初 “ボランティアさん” と聞くと、 “作業する人” というイメージだったけど、実際はそれだけじゃなかったのよ...

例えばね...

○土砂の入った部屋の掃除をお願いしたら、私が自分で掃除する以上にきていにしてくれた。

○ 嫌なことがあって冷めた表情をしていたら、作業中でも作業の手を止めて私を気遣ってくれて、いろんな愚痴を聞いてくれて心がスッキリした。

 ボランティアさんは、私の気持ちの面まで支援してくださったの。しかも後から聞いたら、それ(気持ちの支援)に関しては、誰かにお願いされたんじゃなくて、ボランティアさんが自発的にやってくれていたの。だから、なおさらありがたくて...。

 私の中のボランティアさんに対するイメージは...

  “作業する人” から “心の支えになる人” に変わったの

 

 

 

 

 家の土砂がある程度片付いてきたので、年明けにはボランティアさんたちが自主的に企画して、餅つきをしてくれたの。

 その光景を見ながら、ふと考えたの。 『こういう人たちの御恩に報いるためにはどうしたらいいかな?』 って。そして、私なりに思った報い方は...

 『私がいつでも笑顔で、元気に、今を生きること』

  ボランティアで来てくださった方たちが、いつの日か、何かしらの縁で再び大島の地を訪れた時には、ぜひこの家に遊びに来てほしいの。その時に、お茶を出して、お菓子を出して、少しでも恩返しができればと思うんですね。

  だから私は、ボランティアさんたちに恩返しするためにも、あの世へ行かずに、元気に生きていこうと思ってるんです!

――――【 以上、お母さんの話 】――――

 

教訓によって“生き方”が変わった私

 いろいろな災害現場に行き、支援をされているボランティアリーダーの方から聞いた話です。

 

≪以下、話の内容≫

 災害の後は“教訓”という言葉がよく持ち出されます。特に、3.11以降は、よく耳にするようになりました。

 教訓と言うと、一般的にはこんなイメージじゃないですか?

○災害発生時の食量の備蓄

○自宅の耐震強度を上げる

○危険を感じたら避難所や高台へ避難する

○防災訓練をする...など

 私は災害ボランティアをやる前、『教訓』といえばこれで全部だと思ってました。しかし、いろいろな災害現場に行ってみると、教訓が身になっている人もいれば、身になっていない人もいました。

 

 そんな中で、私が自問自答するようになったのが...

 「身になる教訓とは何か?」

 

 数年間、災害現場で生の声を聴き続ける中で、私自身が納得した答えは... 

 「教訓とは、私の行動の変化!」

 

例えば...

○災害を経験して、改めて家族の大切さを感じた →×教訓

 その後、家族で一緒に夕食を食べるようになった →◎教訓

○災害を経験して、インフラの整った生活がありがたいものだったと気付いた →×教訓

 その後、節電を心がける中で電気代が下がった →◎教訓

○災害を経験して、人と人との絆の素晴らしさを感じた →×教訓

 その後、人に挨拶するようになった →◎教訓

○災害を経験して、ボランティアでがれき撤去をして、片付けの必要性を学んだ →×教訓

 その後、自宅の掃除をするようになった →◎教訓

 

 

 

 いろんな現場で活動し、話を聞き、考える中で、私自身も 『学び』 がありました。

 

【学び】

○災害発生後、災害ボランティアセンター(VC)の体制作りが大変

○現場に出ると経験者が少ないため、どの災害現場でも似た問題が起こる

○活動期間は短期の人がほとんどなので、現地での人間関係の輪が広がりにくい

○VCスタッフは、通常業務もやりつつ災害VC運営もやるので、負担が大きい

 

 私なりに、これらの 『学び』 を 『教訓』 に落とし込みました。

 

【教訓】

○災害後、すぐ現場に駆け付けて、体制作りから支援する

○経験者が現場に出ることで、災害現場で起きやすい問題を未然に防ぐ

○長期で活動することで、現地における人間関係の輪を広げる

○ボランティア活動だけでなく、VCスタッフのサポートもして負担を軽減する

 

 

『教訓』 を 『行動』に移してみた感想は...

「私は、教訓によって自分の生き方、人生観まで変わっちゃいましたよ。

 (中略)...今はこの地で活動してますが、今後もし、日本のどこかで災害があれば、内心はすぐに駆け付けようと思ってるんです。

 そう考えた時に、極端な話、この地でいつまで活動できるか分からないんですよ。もしかしたら、明日、どこかで災害がって、この地を去るかもしれないんです。そうなれば、今日がこの地で活動できる最後の一日になっちゃうんですよ。

 でも、だからこそ、この地で活動できるのが最後かもしれない今日一日を、大切に、精一杯、悔いの残らないように生きようとしているのかもしれません。

 (中略)...その結果、ボランティアをやる前と比べると、趣味は減っちゃったのに、一日一日がすごく楽しくなって、すごく充実するようになったんですよ。」

 

この方は、今日も現場の最前線に立っています…

本日の30分(?)クッキング

ある日、夕食のメニューで頭を悩ませていた時に、こんな物をゲットしました。

レスキューフーズ☆

今振り返ってみれば、これを頂いたことで私の悩みが一個解決されたのかと思うと、これも神様の導き(?)だったのでしょう...(‾▽‾)

 

 

 

ある日、ボランティア活動後にコレをもらいました。

パッケージによると...

どうやらこれは、「いつでもどこでも、僕の仕事を支えてくれる食事」...らしいです。

なるほど、これは助かる!(^^)v

 

家に帰って早速、オープン!!

【セット内容】

白いごはん、牛丼の素、加熱袋、発熱剤、発熱溶液、れんげ、紙ナプキン

≪豆知識≫賞味期限は、常温で3年6ヶ月

 

 

なんか、小さい箱からいっぱい出てきました!!(*o*)  

初心者(?)なので、説明書の手順通りに作ってみます。

 

何だか、プラモデルを作ってるみたいです!(^_^)

 

スゴイ!セッティングして約30秒で、かなりモクモクしてきました。(*o*)

 

調理時間:温め時間20分+蒸し時間10分=30分

作るのに30分、意外と時間がかかるんだな〜と思いました。

20分経つと結構落ち着いてきました。袋の内側が、汗をかいてるように見えます。

 

 

30分経ちました!

盛り付けてみると...

本日のメニューは...

『火を使わないのにアッツアツ?魔法の牛丼!』

≪豆知識≫他のタイプ:カレー、シチュー、中華丼、和風ハンバーグ(新商品)...など

 

 

材料はたったの二つ!

白ごはん(200g)と 牛丼の素(180g) だけ!

たったこれだけで、あっつあつの牛丼(380g) が作れます!

それではここで...

 

【お客様の声】

(ボランティアさん数名に聞きました)

(^o^) 「お店のレトルトをイメージしてたら、意外と具が多くて美味しかったです。」

(‾▽‾) 「ご飯が新潟のお米で、普通に美味しくいただきました。」

(゜o゜) 「調理の過程で周りを汚さない作りで、ナプキンまでついていたので丁寧だな〜と思いました。」

 

 

さあ、いかがでしょうか?レスキューフーズ!

これがあれば、あなたも今日から災害現場のシェフ!

料理が苦手な人でも大丈夫!

牛丼以外にもいろんな料理が作れます!

≪豆知識≫他の非常食(缶詰タイプ)

栗五目ごはん、おかゆ、鶏肉うま煮、牛肉すきやき、牛肉大和煮、とりそぼろ、ポテトツナサラダ、みそ汁、ウインナーと野菜のスープ煮、つくねと野菜のスープ、缶詰の筑前煮(新商品)

 

テレビの前の皆さん(?)も、ぜひ一度、お試しください!(^o^)v

 

 

参考:ホリカフーズのHP(http://www.foricafoods.co.jp/rescue/index.html