地元土産に持たせる“こだわり”

 東日本大震災で被災した地域の、ある仮設商店街で聞いた“地元土産”に関する話の抜粋です。

≪以下、現地の方の話≫

 

【写真】 震災から約1ヵ月後の様子(石巻市門脇町)

・・・震災直後は、がれきが街中にあふれて悲惨な光景でした。メディアでも多く取り上げられて、現地の方の生々しい声が飛び交っていました。誰しもが “生きる” ということに必死でした。しかし、一方でそれは、多くの人たちの共感を呼んだ気もします。ボランティアさんもたくさん来てくれたし、近隣住民で助け合ったし、被災地関係の物はよく売れました。「被災した地域の地元土産です!」、「復興グッズです!」 と言えば振り向く人や、買ってくれる人も多かったです。

 

【写真】 震災から約2年後の様子(上図と同じ場所から撮影)

 震災から1年が経ち、2年が経ち...時間の経過と共に、町からがれきが消えていきました。この地域にも笑い声が飛び交い始めたし、少しづつ震災前の日常を取り戻し始めました。平和な日常に戻るにつれて、メディアも取り上げなくなりました。復興が進んでいること自体は素晴らしいことです。しかし、それと同時に「被災地の地元土産です!」、「復興グッズです!」というフレーズで人々は振り向かなくなりました。しまいには、被災と関係無いのに“復興”というフレーズを利用して、自社商品の売り上げアップを狙う業者まで出てきた時は、怒りを通り越してあきれましたね。

 他の地域でお土産屋さんの前を通った時、ふと耳に入ってきたフレーズは

「...な〜んか、ある種のブームが去ったような感覚だよね〜...」

 それを聞いた時は、妙に共感する思いがわいてきましたよ。

 

 

 

【写真】 地元土産の話に耳を傾ける人たち

消費者であるお客さんの多くは、“災害直後の目線” から “一般的な目線” になってきました。

つまり...

×復興が進むから買う  物が良ければ買う!

...ということは、被災した商店では今後、“守りの姿勢” ではなく “攻めの姿勢” に挑戦していかなければな、と私的には感じています。

×復興にからめた商品戦略  本当にいい物を作る商品戦略!

×復興にからめた宣伝  地域の持ち味を生かした宣伝!

 

 

「被災した地域に再建したお店...

 そこに置いてある、何気ない一つのお土産...

 ここに、如何にして“こだわり”を持たせるか...!?」

 

【写真】 地元土産が並ぶ商店

 被災地の復興度合が目まぐるしく変化している中で、

お土産屋さんの経営戦略も目まぐるしく変化していますね...

≪以上、現地の方の話≫