ボランティアの価値観が変化

東日本大震災で被災した人が、被災体験から得た教訓を教えてくれました。

〔震災当日~1週間後〕

2011年3月、私は高校2年生で沿岸地域(津波が約15m届いた地域)に自宅がありました。

震災当日、私は部活の関係で自宅の隣町にある合宿所にいて被災しました。幸いにも、その場所は高台だったため津波は届かず、その合宿所自体が避難所にもなったため、自宅にはすぐ帰らず、状況が落ち着くまで合宿所で過ごすことにしました。翌日になると、私たちも含めて避難者が150名以上に増えました。合宿所での避難生活は約1週間続き、その後自宅へ帰りました。

〔1週間後~1ヵ月後〕

震災1週間後、自宅へ帰ってみると、津波で全て流されて跡形も残っていませんでした。最初は、あまりにも何も無かったので、どこが自宅の場所か分かりませんでした。周囲の目印になりそうなものを探した結果、近隣の道路の形や残ったマンションとの位置関係から、おそらく自宅はこの場所で間違いないだろう…と、予測するしかありませんでした。唯一残っていた家の基礎部分を見ながら「位置的には、ここがうちの玄関かな?」「この場所が風呂場かな?」と、独り言のように話しました。

後日、家族アルバムが1冊だけ見つかりました。自宅から車で10分走った先の山のふもとから見つかり、津波でここまで流されてきたのかと思うと驚きました。

自宅が無くなったため、近くの高台にあった避難所で数週間過ごしました。そこで家族とも再開できたのですが、喜びもつかの間、私はすぐに避難所運営のボランティアを始めました。当時は避難所も人手不足だったし、何かしていた方が、気も紛れて良いと思っていました。

〔1ヵ月後~2ヵ月後〕

震災1ヵ月後、自宅から車で30分の内陸に位置する親戚の家へ引っ越したことで環境が一気に変わりました。それまでの避難所生活からガラリと変わり、普通の日常生活になったのです。生活環境の変化があまりにも突然過ぎたため、そのギャップにしばらく慣れませんでした。

結局、高校が再開するまでの期間は、親戚の家から避難所へほぼ毎日のように通って朝から晩までボランティアをしました。しかし、その時の私は自宅や故郷、友人までも失って人生最大のストレスを抱えていました。そんな私に対して両親からは、何度も「休みなさい」と言われ「お前はそんなことしなくていいんだ」と怒鳴られたこともあります。それでも、私は絶対に休みませんでした。避難所では、私以上に辛い思いをして苦しんでいる人が周囲に大勢いたので、そんな人たちを見ていると居ても立ってもいられず、気付いたら体が勝手に動いてました。

〔2ヵ月後~〕

震災2ヵ月後(5月のGW後)、高校3年生の新学期が遅れてスタートしました。すると、学校へ通い始めたことがキッカケで、自分の気持ちが少しづつ落ち着きを取り戻し、普段の日常生活に戻っていけました。

〔7年後〕

震災7年後(現在)、私自身は社会人になって生活も落ち着き、震災がれきも無くなって街の再建が進んでいます。震災当時は無我夢中で分かりませんでしたが、今改めて振り返ってみるて気付くことがあります。

震災当時の私が、あそこまでボランティア活動にこだわっていたのはなぜか。それは、ボランティアで手助けした人たちが私に返してくれる ❝笑顔❞❝感謝の言葉❞ があったからなんです。  一見すると、私がボランティア している ように見えたのですが、気持ちの面では逆で、私がボランティア されていた んですね。

〔変化した価値観〕

震災後の様々な経験を通して、私はボランティアに対する価値観が180度変わりました。以前の私は、ボランティアは一方通行、受ける側にメリットがある活動だと思っていました。しかし今の私は、ボランティアは双方向、授ける側にもメリットがある活動だと思います。

 

街を活気付ける ”鍵” とは?

2018年11月、被災地沿岸部の街で復興関連の仕事をしている人から聞いた話を紹介します。


震災当時、この街には約15mの津波が押し寄せて街の中心部を飲み込みました。あれから7年半、津波が到達した沿岸部では街の再開発が進みました。沿岸部では堤防が作られ、自宅を無くした人たちは高台へ集団移転し、公園や商店街も作られて新しい街に変わりつつあります。しかし一歩街の中に入ると、震災前と比べて人口が減り、若者の割合も減ったのが相まって活気がなくなり、住民の中でも「隣近所に住んでるのは誰だっけ?」と言う人が増えています。

この状況を見た他地域の人からは、こんな話をよく耳にします。「街並みはきれいですが、ちょっと静かで寂しい感じがします。地域コミュニティを作って、街を活気付けたらどうでしょう?」しかし、これが簡単ではありません。今回自宅を無くした人たちは既に、以下の状況でコミュニティが壊れた経験をしています…

●1回目                            今まで生活してきた自宅を失い、避難所へ移動したとき       (避難所:小学校の体育館や公民館などで雑魚寝する集会所 )  ●2回目                           半年間生活した避難所を出て、仮設住宅へ移動したとき       (仮設住宅:新たな家が見つかるまでの期間に生活する家)   ●3回目                           5~6年生活した仮設住宅を出て、災害公営住宅へ移動したとき    (災害公営住宅:家を無くした被災者向けに建設された家)

復興関連の業種の人たちの間では、こんな表現を耳にします「自然災害で被災すると、コミュニティは3回壊れる。」    被災者は、避難所の生活(半年間) や仮設住宅の生活(5~6年) である程度のコミュニティが形成されたうえで別の場所へ引っ越すことになります。そのため、災害公営住宅へ引っ越して生活が安定する頃には、地域コミュニティを一から作ることに疲れてしまい、ご近所付き合いが疎遠になってしまう人が多いです。

現在、自治会を立ち上げてコミュニティ作りを始めようとしています。今後、この街が活気を取り戻すために重要なことは、堤防を作ったり、新しい建物を建てたり、オシャレな街並みを作ること以上に「❝もっと良い街にしたい❞ と思える人を何人作れるか」だと思います。

海の近くに住むより危険なこと

被災した人たちが教えてくれた教訓を紹介します。東日本大震災の被災地では、こういった地域がありました。

高い津波(10m~15m)に襲われたにも関わらず、目の前に海が見える沿岸部より、そこから少し離れた内陸部の方が犠牲者の割合が高かった。

これは、なぜでしょうか?

〔理由〕

沿岸部の住民は元々、水害に対する危機意識が高かったからです。

実際に沿岸部の住民に聞くと、過去のチリ地震津波(1960年)の話をする人が多いです。更に、ご年配の人であれば昭和三陸地震津波(1933年)の話をする人もいます。この地域で生活すると、家族や学校の先生から津波の話を耳にすることが多いです。その結果、津波を経験していない若い世代も、その多くが水害に対する危機意識を持っていました。

一方、海が見えない内陸部の住民は、その反対でした。話を聞くと、過去の津波が来なかったので、今回(東日本大震災)もきっと大丈夫だろうと思う人が多かったようです。その結果、若い世代の危機意識も、沿岸部と比べて低かったようです。

〔結論〕

津波のことを考えると、❝海の近くに住むこと❞は危険が多いです。しかし、それ以上に危険なのは ❝防災意識が低いこと❞ だと分かりました。