復興とは誇りを持つこと

宮城県内の被災した人たちから聞いた話を紹介します。

この町では、震災後に生ごみの分別基準が厳しくなりました。 例えば…

【生ごみの分別基準】                   砂糖は生ごみだけど、は可燃ゴミで捨てる。       〇味噌汁の具は生ごみだけど、味噌は可燃ゴミで捨てる。   〇 果物の皮は生ごみだけど、は可燃ゴミで捨てる。     〇 バターは生ごみだけど、牛乳は可燃ゴミで捨てる。     〇 卵の中身は生ごみだけど、は可燃ごみで捨てる。…etc

これだけ聞くと めんどくさいな と思っちゃいます。でも、こうなった理由が分かると、誇らしいな と思えるようになるんです…

震災から3カ月後 (2011年6月)の町内沿岸地域

この町は震災直後、電気やガス、石油などが入手できなくて困る人が多かったです。そこで、復興計画を作る際は「生活インフラは地域内でまかなえる町を目指そう!」となり、そのために注目されたのが、今まで埋め立て処理していた生ごみでした。

震災から6年半後 (2017年9月)の町内沿岸地域

2015年に生ごみのリサイクル施設が完成したことで、生ごみから資源 (電気と液体肥料) を作れるようになりました。その能力は…

【処理能力】1日の生ごみ処理量:10.5トン         【発電能力】1年間の発電量:一般家庭 60世帯分      【肥料生産能力】1年間の生産量:1000㎡の田んぼ 700枚分

ただ、住民にとっては生ごみ分別が今までより厳しくなるため、分別に関する説明会は町内全域で60回以上も開催されました。 住民の努力もあって、今 (2017年)では、生ごみ分別率が90%を超えてるようです。将来的には「町の丸ごとブランド化」を目指しているようです。                     こういった経緯を知ると、ゴミの分別が厳しくなっても めんどくさい 以上に 誇らしい と思えるようになります。

おそらく、住民みんなが ❝誇らしい❞ と思えた時、この町の復興がまた一歩前進するのだと思います。

 

台風で命拾いした私

2016年4月の熊本地震で被災した教会員の話です。

私の自宅は、元々2階建てでした。              ですが、昨年(2015年)の台風で被害を受けてしまい、自宅の2階部分を撤去しました。これでもう大丈夫だろうと思った矢先に今年(2016年)の熊本地震でした。地震の影響で自宅が倒壊寸前の状態になってしまい、全壊判定が出たため取り壊しを余儀なくされました。「私ばかり、なぜ二度も被災するはめになるんだ…どこまで運が悪いんだろう」と何度も思いました。悔しくてやりきれない思いでいっぱいになり、しばらくは辛い日々でした。

そんなある日、(熊本地震後に自宅の)耐震診断をしてくれた建築業者の人と話す機会があり、こんなことを言われました。

「お母さんは強運の持ち主ですね。」            私は最初、意味が分かりませんでした。

「お母さんのお宅は、2階部分が無い状態だったからこそ、今回の地震で寝室が倒壊せずに済んだんですよ。もし2階部分があったら、その重みで1階の寝室が完全につぶれてしまい、お母さんは今頃天国行きになる所でしたよ。」

それを聞いて驚きました。冷静に考えてみれば、確かにその通りだと私自身も思いました。すると、それまで抱えていた辛さや悔しさがスッと解消されいくのが分かり、不思議な感覚でした。

私目線で見ると、去年から今年にかけては災難の連続でしたが、神様目線で見ると、災難が続く中でも私の命を助けようと必死だったのだと気付きました。