“復興”という言葉の意味

 小さな公園で雑草取りをした時のことです。依頼者さんに聞いたら、その公園のある地域一帯は、3.11の時に2メートル位の津波が来たのだと教えてくれました。

 しかし、その公園は敷地内の四方にお花が飾られていてきれいでした。地面の土はきれいでヘドロも無く、遊具も新しくて、私たちが作業した時は子供たちがそこで元気にサッカーや鬼ごっこをして遊んでいました。

 ここに津波が来たと言われても想像ができなかったので、ある意味驚きました。この公園は3.11後にいろんな人たちの手が加えられていました。私がざっくり聞いただけでも、以下のことをやってきたのだと分かりました…

1.車、船、木、工業機材などの大きながれきを撤去
2.地面に溜まったヘドロを撤去
3.公園のフェンス、木、遊具に付着したゴミの撤去
4.地面に残った小さながれきやガラスの破片を撤去
5.汚れた遊具の掃除とペンキ塗り
6.公園の敷地一面に新しい土を入れる
7.手作りの看板、お花畑用の柵を作って取り付ける
8.柵で囲んだ場所に栄養のある土をまいて耕す
9.支援物資で来たお花を植える
10.プランター用の器を作って磨いてニスを塗る
11.器に土とお花を植えて、公園の敷地内を飾る
12.定期的な雑草取り

 私たちがやった作業は最低でも、この12番目の作業でした。たったひとつの“小さな公園”あまり目立ちもしないし、どこにでもありそうな公園なのですが、実はそこは、ボランティアさんたちが約1年間かけて汗を流した結晶でした。

 そのことを知り、その日の雑草取りの作業が終わった後に、改めて小さな公園を見た時、感動というか、慕わしさのようなものが湧いてきて、まるで“大きな公園”に来たかのような清々しい気持ちになりました。

その時「“復興”ってこういうことかもしれないな」と思いました。

一言では言い表せない被災者の心

ある街で依頼者さんから聞いた話です。

その方は、街の復興にとても貢献しているリーダー的存在だったため、様々なメディアが取材にも来ていました。

お話を伺うと、震災当時はご家族を何人も亡くされて、言葉では言い表せない悲しみを通過しておられました。
「津波が引いた後、がれきの中から(遺体になった自身の)妻を見つけたから、引き上げようと思ったけど、左手が何かに引っ掛かって引っ張り出せなかったわけさ。よく見ると、引っ掛かってたんじゃなくて、妻の手が何かを掴んでいたのよ。何を掴んでるのかな〜と思って見たら、(遺体になった自身の)孫の手を掴んでたわけさ…(妻は)命を落とした後も、ず〜っと孫を守り続けていたのか〜と思ってね…」

いろいろな話をして下さいましたが、この言葉には驚きました。

「もう悲しすぎて、涙も出なかったよ…。」

「最初は泣くかと思ったんだけど、もう、あまりにも悲しくて、悲し過ぎて、涙も乾いちゃったのかな…人間って、あまりにも悲し過ぎると涙も出なくなるんだな〜と思ったね」

そんなある日、被災した街中で、ある光景を目にされたようです。
がれきの中を気をつけながら歩いていく母子の姿。お母さんの手を引っ張る子供が、元気そうに、でもちょっと不安そうに歩いていました…
そんな光景を見た時、その子供が、自分の孫みたいに思えたそうです。その時思いました、「自分の孫には、もう何もしてあげられない。だからせめて、こういう困った子供たちの為に、自分の孫の代わりだと思って、何かしてあげたい…」

その後、「孫の代わりに自分が生き残ったことには、何か意味があるのではないか!?」と思うようになり、考え抜いた末、ご自身が所有している貸家を、格安で貸してあげることにしました。個人が所有する貸家なので、数には限りがある。そのため、生活が大変そうな家族や、小さな子供をもつ母親などを優先的に入れることにしました。
その結果、今では貸家に入った家族からとても感謝されているようです。

この方の話を聞いた時、あまりにも多くの苦難や悲しみを通過してこられた辛さ、その辛さを乗り越えながらも前向きに生きようとされる強さ、それによって周囲の人々にもたらした感動、でもその背後に残る心の傷…それらの思いが絡み合い、一言では言い表せない複雑な気持ちになりました。

…被災した方の心の傷、到底一言で言い表せるものではない、と感じました。

もし、相手が自分の家族なら…

最近は、作業する時に依頼者さんが立ち合わないことが多いです。
また、細かい作業や地味な作業も多いです。なので、作業するボランティアさんたちは、

「この作業って、やってもやらなくても、あまり変わらないことなんじゃないかな〜?」
「やっても、依頼者さんの為になってるのかな〜?」

と思う方も多いようです。なので、そんな疑問が生じた時の対処法を、現地で1年間ボランティアをしているリーダーの方が話してくれました。

「そういう時は、こう考えてみて下さい。もし、依頼者さんが自分の家族だったら、自分は相手に対してどうしたいですか?」
「もし、依頼者さんが自分だったら、どうしてくれたら自分が嬉しくなりますか?」

このスタッフさんも、一時期自分にそう問いかけていたようです。
そして、この方がたどり着いた考えを話してくれました。

「そう考えたら、別に依頼者さんに会えなくたって、細かい作業ばかりだって、そんなことは関係無くなる、迷わなくなるよ。自分が好きでやってることになる。つまり、“趣味”に近い感覚だね。だから、もし依頼者さんがそこにいて喜んでくれたら、それは自分にとって、+αの喜びになる。つまり、“趣味をしただけで相手も喜んでくれた!”っていうイメージだね。」

スタッフさんが、とても生き生きと語られていたのが印象的でした。