広がる温度差

 震災から3年経った(2014年3月)頃に、被災地に住む数名の方から聞いた話をまとめました。

 『復興は、もう終了したんですか?』             …遠方の人から、よく聞かれるフレーズだよ。


 2011年7月 (災害から4ヵ月後)                     ↓ ↓ ↓

 2013年3月 (災害から2年後)

  この場所に元々あった町を(100)として、地震と津波で一面ががれきになった町を(−100)とした時に、この町に住んでいる人に聞くと...

A. ボランティアが持ちやすい印象                   「震災直後(−100)と比べると、ガレキがほとんど無くなった(0)ので、だいぶきれいになりましたね〜。」                   「元々のイメージ(−100)と全然違った(0)ので、安心しましたよ〜。(良かった・安心した・ホッとした…等)

B. 地元の人が持つ印象                        「震災前(100)と比べると、元々の町が無くなったまま(0)なので、まだまだこれからだな...。」                       「これだけ頑張っても、あの頃(100)に全然戻ってない(0)からね。これから先、不安だな...。」                      (心配・不安・ため息をついた…等)


 2011年3月末 (災害直後)                        ↓ ↓ ↓

 2012年4月 (災害から1年後)                       ↓ ↓ ↓

 2013年3月 (災害から2年後)

 元々あった家(100)が、津波で壊れてしまい(−100)、新しく再建した(100)という人に聞くと...

〇ボランティアが持ちやすい印象                    「被災して住めなくなった家(−100)が、こんなに早く新しい家(100)になるなんて、すごいですね。」 

〇地元の人が持つ印象                        「元々の家(100)が震災以降ずっと住めなかったんだけど、やっと元(100)に戻って、ホッとしたよ。


『復興は、もう終了したんですか?』             …と聞かれた時、最近はこう答えてますよ…                『正直、まだまだですね。                 おそらく、本番はこれから だと思いますよ。』       話を聞きながら私が感じたのは、ボランティアと被災者間の温度差でした。 これを、少しでも埋めていきたいと思いました。