石巻の地域の集会所のとある会話

震災から半年が経った頃、石巻の地域の集会所で飛び交っていた会話。初めてボランティアに来た人が「半年が過ぎて、復興がだいぶ進んで嬉しいですか?」と聞くと、現地リーダーは、「複雑な心境だね〜。」と答えていた。「こんなにたくさんのボランティアが来てくれて、復興がとても速く進んだから“嬉しい”という思いと、こんなにたくさんのボランティアが来てくれたのに、この程度しか復興しないのかという“悔しい”という思いが入り混じって、複雑な心境になるんだよね〜」と語っていた。

統一教会平和奉仕ボランティア隊サイトはこちら→UPeace

統一教会平和奉仕ボランティア隊とは

統一教会平和奉仕ボランティア隊 (Unification Church Peace Service Volunteer Team: 略称UPeace) は、統一教会員の有志による平和のための奉仕をするボランティア活動です。

 この度の東日本大震災の被災者の方々への支援活動をきっかけとして立ち上がり、日本統一教会・梶栗玄太郎会長の指導のもと安否確認支援、義援金の呼びかけ、各地への物資援助や青年ボランティアの派遣を行っています。

宮城県石巻市でのボランティア活動は震災直後の3月から開始し、今に至るまで続いています。

統一教会平和奉仕ボランティア隊サイトはこちら→UPeace

統一教会平和奉仕ボランティア隊へようこそ

はじめまして。

統一教会平和奉仕ボランティア隊のキャプテンをしています、加藤と言います。
このブログを通じて、私たち統一教会が行っている、宮城県石巻市での被災地支援活動を紹介していきたいと思います。

よろしくお願いします。

統一教会平和奉仕ボランティア隊サイトはこちら→UPeace