“復興”という言葉の意味

 小さな公園で雑草取りをした時のことです。依頼者さんに聞いたら、その公園のある地域一帯は、3.11の時に2メートル位の津波が来たのだと教えてくれました。

 しかし、その公園は敷地内の四方にお花が飾られていてきれいでした。地面の土はきれいでヘドロも無く、遊具も新しくて、私たちが作業した時は子供たちがそこで元気にサッカーや鬼ごっこをして遊んでいました。

 ここに津波が来たと言われても想像ができなかったので、ある意味驚きました。この公園は3.11後にいろんな人たちの手が加えられていました。私がざっくり聞いただけでも、以下のことをやってきたのだと分かりました…

1.車、船、木、工業機材などの大きながれきを撤去
2.地面に溜まったヘドロを撤去
3.公園のフェンス、木、遊具に付着したゴミの撤去
4.地面に残った小さながれきやガラスの破片を撤去
5.汚れた遊具の掃除とペンキ塗り
6.公園の敷地一面に新しい土を入れる
7.手作りの看板、お花畑用の柵を作って取り付ける
8.柵で囲んだ場所に栄養のある土をまいて耕す
9.支援物資で来たお花を植える
10.プランター用の器を作って磨いてニスを塗る
11.器に土とお花を植えて、公園の敷地内を飾る
12.定期的な雑草取り

 私たちがやった作業は最低でも、この12番目の作業でした。たったひとつの“小さな公園”あまり目立ちもしないし、どこにでもありそうな公園なのですが、実はそこは、ボランティアさんたちが約1年間かけて汗を流した結晶でした。

 そのことを知り、その日の雑草取りの作業が終わった後に、改めて小さな公園を見た時、感動というか、慕わしさのようなものが湧いてきて、まるで“大きな公園”に来たかのような清々しい気持ちになりました。

その時「“復興”ってこういうことかもしれないな」と思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です