仮設住宅での思い

被災者のかたから、仮設住宅の様子を聞きました。
ある仮設では、隣の家との間の壁が薄い為、隣の家の声が聞こえて来るようです。それを“聞こえてくるから嫌だな”と捉える人もいれば、“寂しくなくて良いな”と捉えてる人もいるようです。
 また、ある仮設では、自身の置かれた“1人で暮らす”という環境に対して、“仮設に移ったら一人ぼっちで寂しいな”と捉える人もいれば、“悪愚痴ばかり言われることが無くなったからホッとしてる”と捉える人もいるようです。
置かれた環境は同じに見えても、その思いは1人1人違うようです。

統一教会平和奉仕ボランティア隊サイトはこちら→UPeace

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です