石巻でのあるお母さんとの出会い


 6月に石巻の被害の大きかった地域へ視察に行った時、1人で自転車に乗ってそこへ来たお母さんがいたので挨拶をしました。するとそのお母さんは、「ここが、私の息子夫婦が経営するお店だったのよ。」と教えてくれました。よく見ると、そこは家の基礎部分だけが残っていて、元々そこにあったはずのお店が、そっくり流されてしまったようでした。


「(息子夫婦は)まだ、行方不明なのよね。」と言われてました。震災があってから3ヶ月が経ち、まだ見つからないのだけれど、どうしても諦めたくなくて、今でも探してるんだという話でした。

 この日はお忙しい中だったのですが、時間の合間を縫って、わざわざこの場所に足を運んだようでした。話を聞くと、「今日は、息子夫婦の結婚記念日だから、何か見つけられたらいいなと思ってここに来たのよ。」と言われてました。

一通りお店の敷地内を歩かれた後、私たちに一礼して、自転車に乗って帰って行かれました。

 

 その出会いから1ヶ月が経って、お店の敷地内に花が添えられていました。

 2ヶ月が経って、お店の敷地内に張り紙が張られていました。

 3ヶ月が経って、お店の敷地内に立て看板が立ててありました。

 半年が経った12月、お店の敷地内には、まだ立て看板が立っていました。消えかかった文字の上から、マジックで何回も書き直した跡がありました。その脇に、きれいなお花と食べ物が置かれていました。

 

 6月にお店の前でお母さんに出会って以来、このお母さんに直接会う機会はありません。ですが、今でもお母さんは、頻繁にこの場所を訪れているのだろうなと感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です