幸せとは何か?

2013年、東日本大震災の被災地である宮城県南三陸町で農業支援を行った際、依頼者のお母さんから聞いた話です。

震災から、もう2年以上が経ったのね。あの日は、すごく揺れたの。ビックリして、揺れた後すぐに家の外へ出て海を見たの。

 依頼者の自宅から外に出た時の光景(2013/5/18)

すると、しばらくして海水が引き始めたのよ。ずいぶんと引くな〜と思って見ていたら、30メートル位海水が引いて、海面が2〜3メートル位下がったのよ。ずっとこの町に住んできたのに、あんな光景は初めてで驚いたわ…砂浜の広さが3倍くらいになったの。

これは絶対、ただごとじゃない!間違いなく津波が来る!かつて無いくらいの大きな波が来る!早く逃げなきゃ!!」

と思ったのよ。幸い、家の裏が高台になってたから、すぐに避難できたの。その後、高台から海の沖の方を見ていると、あの津波が迫って来て、私の家に覆いかぶさって来た … “普通の日常” が、一瞬にして失われた瞬間だった。

    依頼者の自宅の庭から海側を見た時の光景(2013/5/18)

津波が引いた後は、一言でいえば “見る影もない”って状況だったわ。この辺りの山という山は、津波によって海面から10m位の高さまでの新緑が削られて、はげ山のような光景になっていたわ。更に、その山のふもとにあったはずの村や集落は流されちゃったの。

「あそこにあった村は、どこへ行ったの?みんな無事なの?」

声にならない声が多かったわ。初めてこの地域に来た人であれば、村どころか家があったことも気付かないくらい、全部が流されて何も無くなっていたの。

地震と津波が去った後、地域の復興のためにたくさん働いた。

たくさん苦労したし、たくさん悩んだし、たくさん傷付いた。

半年が過ぎ、一年が過ぎ、気付いたら二年が過ぎていた。

この地域も、ある程度の落ち着きを取り戻してきた。

そんなある時、ふと思ったの。

「そう言えば、“幸せ”って何かしら…?」

心境を吐露される依頼者さん(2013/5/18)

震災前は、不満があるとすぐ文句を言ったり、些細なことでイライラしたり、ちょっとしたストレスをすぐ吐き出すのが日常茶飯事だったわ。もちろん、特別なことや良いことがあった時は楽しいんだけど、平凡なことを繰り返す毎日は飽きちゃって、嫌になってたのよ。

でも震災後、被災してからの2年間を過ごしながら、ずっと頭から離れなかった光景、懐かしがっていた思い出は “震災前の普通の生活” だったのよ。そこに気付いた時、私は思ったわ。

「特別な嬉しい出来事のことを “幸せ” と言うわけじゃない。普段からの何気ない生活、平凡な日常こそが “一番の幸せ” だったんだな。」

今回のことで、それがよく分かったわ。みんなは、まだ若いから、なかなか実感しにくいかもしれないけど、普通の暮らしができるって素晴らしいことよ。忘れないでね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です