災害ボランティアの一日 (伊豆大島)

2013年11月、伊豆大島で行った災害ボランティアの1日です。

《伊豆大島へ出発》

 22:00 東京を出発 →(移動120km)→ 6:00 伊豆大島に到着

23:30頃:部屋の照明が消えて艦内放送が入り “就寝モード” へ!

5:30頃:部屋の照明がついて艦内放送が入り  “起床モード” へ!


 

《伊豆大島とは》

     

 伊豆大島は 『椿・あんこ・三原山』 で代表される観光地として、よく紹介されます。

〇椿:約300万本あり、“大島町の花” として制定されています。

〇三原山:島の中央に位置する標高758mの山。山の近くに行くと、以前の噴火で噴出したマグマが固まった跡も見えます。約35年に一度のペースで噴火しながら、少しづつ姿を変えています。


 

《災害ボランティア開始》

港から見た三原山(土砂災害のあった場所)

 

     

 港からバスで移動 → ボランティアセンターに到着 → 受付 → オリエンテーション

 持ち物 : 長靴、軍手、ゴム手袋、マスク、作業着、ゴーグル

    

 オリエンテーション → 作業現場が決定 → 資材をレンタル → 現場へ出発

レンタルした資材 : 一輪車、大小のスコップ、デッキブラシ、懐中電灯、ハンマー…など

 

 現場に到着 → 依頼者さんに挨拶、依頼内容を確認 → 作業開始

依頼内容 : 土砂が入った室内の清掃、がれきの撤去


作業前

↓↓

↓↓

 ↓↓

作業後

作業終了 → 作業道具の洗浄 → 道具の返却、報告書の記入 → 活動終了

高圧洗浄機やデッキブラシを使って道具を洗浄します。

報告書の記入事項を参考に、翌日の作業内容が検討されます。

    

 活動終了後、ボランティアさんへの差し入れがありました。

活動終了 →宿所の掃除 → お風呂 → 食事 → 反省会 → 22:30 就寝

 『今日も1日、お疲れ様でした。』


 

《ボランティアリーダーの声》

様々な災害現場で活動しているボランティアリーダーに聞くと…

『自然災害が発生した時に “災害ボランティア” として活動する場合、他の災害や他の地域でも、だいたいは同じスケジュールで活動していますよ。』...とのことでした。

※2014年2月下旬、上記のような島外ボランティアの活動は終了しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です