冷めたハンバーガーも美味しい?

 2015年3月に被災地ボランティアに参加したメンバーの声を紹介します。

 

 ボランティアの活動後、夕食を食べようとお店に行って注文した時、レジの店員さんから聞かれました。

 店員さん 「この辺りでは見かけない顔ですね。こちらには、観光か何かで来られたんですか?」

 ボランティアだと伝えると、とても驚かれていました。注文してしばらく待つと、先程の店員さんが料理を運んで来てくれました。

 

 食べようとした時、先程の店員さんが私たちのテーブルに来ました。

 「それにしても、先程はビックリしましたよ。まさか、震災から4年以上が経過した今でも、ボランティアさんがいるなんて全然知りませんでしたよ...」

 話によると、この人は実は店長さんでした。そして、震災当時の話をしてくれました。

 「…実は、私も家が被災して取り壊したので、今は仮設暮らしなんですよ…」

 店長さんは震災の時、この店にいたおかげで助かったようです。しかし、ご自宅を失い、家族も一人亡くされたそうです。4年前の出来事なのに、とてもリアリティーがありました。

 

 

 印象的だったのは、このフレーズでした。

「…あれから4年も経ったのに、心の傷って全然癒えないですね...。

 あの頃の記憶が鮮明に残っているから、まるで最近の出来事のように思えるんですよ。」 

 直接被災しなかった私にとって、震災というものは “4前” の出来事です。

 しかし店長さんにとっては、震災が “4前” の出来事なのだと思いました。

 

 

私 「いただきま〜す!」

 店長さんの話が終わって食事を始めたのですが、時すでに遅し、私のハンバーガーは既に、冷めきっていました。(涙)

「こんなに冷めたハンバーガーを食べたのは初めてだな。

 でも、こんなに美味しいハンバーガーも初めてだな...。」

 食べ終わった後、不思議なことに、こう思ってる自分がいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です