守れない約束

先日、現地の人から、近所に住んでいた夫婦の話を聞きました。

 

≪2011年3月11日 午後2時46分 地震発生≫

 

【震災の当日】

 そこは、震災直後に情報が混乱していたため、多くの人が逃げ遅れた地域です。

 夫婦が車に乗って出た直後、背後から津波に追いつかれました。

 波の勢いでご主人は車の外に押し出され、奥さんは車に乗ったまま流されました。

 ご主人は運よく、近くの電柱に手が届いたので、電柱の上に登りました。

 車は、奥さんを乗せたまま流されていき、見えなくなりました。

 

 

【震災の翌日】

 ご主人は無事でした。電柱にしがみついたまま、一晩を耐え忍んだのです。

 日の出と共に目に飛び込んできたのはガレキの山。まさに、戦後のような光景でした。

 考えることが山ほどあったけど、一番の気がかりは奥さんのことでした。

 「一体、どこへ行ってしまったんだ...」

 

 

【震災から数十日後】

 やっとの思いで奥さんを見つけました。

 すでに、息を引き取っていました。

 発見者の話によると、

 「私の家の二階に車が流されてきていた。その近くを通ると、後ろ髪を引かれるような感覚を覚えたから、ここにも人がいるんじゃないかな〜と思ってはいた。自衛隊が来たので調べてもらったら、車の下敷きになって出てきたのが...」

 という経緯で発見されたのです。

 ご主人は苦しみました。でもご主人は、自分自身以上に苦しんでる人がいることに気付きました。

 それは、東京に住む奥さんのご両親...

 

 

【震災の数年前】

 結婚する前、ご主人は石巻に、奥さんはご両親と一緒に東京に住んでいました。

 ご両親は、結婚に賛成してくれました。

 しかし、

 「どうして、そんな田舎に行くんだ。こっち(東京)に来たらいいだろう!」

 奥さんが石巻に行くことには反対しました。

 「絶対、石巻で娘さんを幸せにします...」

 ご両親を説得して、約束をして、奥さんを石巻に連れて来たご主人...

 

 

【震災から数十日後】

 奥さんのご両親と交わした約束が、頭の中を埋め尽くしました。

「妻を幸せにするって約束したのに、守れないじゃないか...

 一体、どうやって幸せにしてあげたらいいんだ。

 ...結局、俺は嘘つきか。」

 

 

【震災から二年後】

ご夫婦が住んでいたアパートも、きれいになりました。

隣の部屋の人は戻って来ました。

でも、ご夫婦が住んでた部屋は、未だに誰も戻って来ません...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です