噂に聞いてた“石巻病”

 被災地ボランティアに参加したメンバーの声を紹介します。

 彼は、アメリカに留学している大学生です。2012年末に大学が休みの期間を利用して日本に帰国した際、4日間の被災地ボランティアに参加しました。

 

―――以下、メンバーの声(抜粋)―――

 

 ある日の作業後、共に作業をした地元の方から夕食に招かれました。

 その場には、私たちも含めたいくつかのボランティアチームが集いました。そこで私は、人生で初めて“統一教会”という立場でいろんな方々と交流したので、最初は少し不安がありました。

 交流をする中で、彼らが発する言葉に私は驚きました。

「統一教会さんは、お酒もタバコもされないんですよね?すごいですね。」

「このボランティアのために全国から集まったメンバーは、ほとんどが初対面なんですね。一人一人に相当の意思がないと集まらないですよね。」

 

「普段、一緒にボランティアをしている知り合いから聞いてたんですよ。“統一教会さんはすごい人たちだ”って。だから、一度お会いしたかったんです。今日会えて、本当に良かったです。」

「最初は統一教会さんに対して不審の目を向けていたんですが、震災からずっと活動を共にしていく中で、それは間違いだと気付きました。毎回来るメンバーは違うのに、みんな真面目で一生懸命で。」

 私はその話を、ただ聞いてるだけになっていました。

「あ、そうなんですか〜」

 ...ただ、気持ちとしては、統一教会のことをとても誇りに感じていました。

 

 

 

 最終日は、あるボランティアチームの拠点をお伺いしました。

 すると、偶然にもそこで、アメリカのプロ野球選手にお会いしました。彼は極秘で被災地を支援していたのですが、今回のXmasに合わせて、支援してる地域の小学生たちに会おうと被災地に来ていたのです。プロでも一線で活躍している選手を間近に、私は興奮を隠せませんでした。ものすごく緊張して、いつも通りに話せませんでした。完全にカミカミで、何を言ってるのか自分でも分かりませんでした。それでも頑張って僕が英語で話したことを、他のメンバーがもう一度、英語で説明し直してくれたぐらいです。

 

 私は、将来の夢がメジャーリーガーだったので、まるで自分の夢が形になって現れたようでした。そんな私を見たメンバーは、心からこう言ってくれました。

「この4日間頑張ったから神様がプレゼントをくれたんだよ!」

 こういう最高の仲間たちとの出会いも、ボランティアに来て良かったことの一つです。4日間という短い期間でしたが、彼らとは心が通じ、これからも共に生きていく良き兄弟のような関係になりました。

 

 

 

 活動を終えてみて意外でした“作業”よりも地元の方や他のボランティアの方との“交流”の方が印象的だったのです。

 数日後、私はアメリカに戻ります...しかし、決めました!

 「次に帰国する時は、絶対、もう一度被災地に行く!」

  

 ...なるほど。 これが、噂に聞いてた“石巻病”なんですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です