災害現場を渡り歩く中で…

 伊豆大島で災害ボランティアをした時、あるボランティアリーダーに出会いました。

 東日本大震災後に災害ボランティアを始めた方でした。震災後は、自然災害が起きれば関東や関西、九州に至るまで全国を駆け回りながら災害支援をされていました。最近では、ボランティアセンターの運営面の補助をすることが多いようです。まさに、縁の下の力持ち的存在です。

 今では仕事まで辞めて、ボランティア活動に専念しているようです。

 様々な災害現場を支援する中で感じた心境を、二つお伺いしました。

 

 

? 災害現場を支援する時に大変なこと

「災害支援と一言で言っても、支援の形は地域によってバラバラだということですね。

 不思議なことに、災害の内容が全く同じだったとしても、そこに対する支援方法は地域によって全く違うんですよ。

 例えば、地域によって...

  ・災害の規模が違う。

  ・ボランティアセンターの人員が違う。

  ・現地に住む住民の特色が違う。

  ・集まるボランティアが違う。

  ・ボランティアが、どの作業までお手伝いするかも違う。

  ・復興に対する熱意が違う。

 それらの違いを把握したうえで、その地域にとっての最善の支援体制を構築すること。そこが大変ですね。一旦体制ができてしまえば、あとは時間の問題ですから。」

 

 

? 仕事を辞めてまでボランティアに懸ける理由

「…続けることができてる理由は、やっぱり ご縁 ですね。東日本大震災後に、一時 “絆” って言葉が流行ったじゃないですか。あれに近い感覚ですよ。行く先々における様々な人との出会い、そこから生まれる人と人とのご縁。

 例えば、東北のとあるお寺で出会った住職さん。京都の災害現場で出会った大工さん、九州の災害現場で出会ったあの人...そして、ここ伊豆大島の人。思い出深い人が全国にいるんですよ、そういう人たちとの間で結ばれたご縁ですね、今の自分があるのは。

 今、僕自身が活動を続ける理由といえば、一番は “ご縁” ですよ。

 

 

数日後、この方は、また別の災害現場へ行ってしまいました...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です